diary

ダイアリー

2017.07.10

面接官側から見た面接①

couleurのノイリです☆

svkにて東京へ!新幹線の中で食べる駅弁やおにぎりが至福の時( ̄* ̄)

 

 

最近ありがたいことにサロン見学の方がちょくちょく増えてきました!

本当にありがたいことです(__)

さて、皆様面接を受けるときどんな気持ちですか?

 

 

 

受かりたい!←まあ当たり前ですよね(笑)

 

 

 

では目線を変えて面接官はどんな気持ちなのでしょうか・・・

考えたことありますか?

 

 

 

まず前提として、募集をしているということはスタッフを入れたいのです!!

美容師問わず人材が不足している売り手市場の現在どこもが人材を欲しています。

 

 

 

私自身中途、新卒問わず将来性があると判断したらすぐにでも一緒に働きたいと思っています。

先日も嬉しいことに中途の方を面接しました。

 

 

 

 

過去に働いていた経歴は短期間の内に2店舗退社しているのであまり印象の良い経歴とは言えません。

履歴書も修正液は使ってあるわ、正しい日本語は使えてないわで第一印象は・・・まあ良くないですよ(笑)

 

 

 

 

 

しかし、私はそれでも一度会ってその方を見てみたい!、と思う経営者です。三度目の正直ともいうし、なにより崖っぷちに立ってる人間は強いですから(^.^)

 

 

 

 

さて面接官側から見た面接ですが大手と中小では採用できる枠が大きく違います。

 

 

うちみたいな小規模サロンでは一人のスタッフによりお店が賑やかにもなるし傾くこともある。人一人がそれくらいの力を持っている。まずそこをご理解頂きたい!

うちはいつでも人を欲してるしうちで働いてくれる方には全力でバックアップしたい。でも適当にはいれれないんです!

 

 

 

 

まず中途の方には即戦力を求めています。技術としてではなく人として。一社会人としてです。

 

 

 

 

礼儀、挨拶、TPO、やる気、想いです!

 

 

 

 

まずは履歴書!

 

履歴書は第一印象だけではなく社員である間ずっと保管され証明書となる物。まずは丁寧に書いて想いを書けるだけ書きましょう!

(ちなみにいないと思うけどウソついても入社した時にばれたら信頼なくなるからね?)

 

 

 

 

私が就活してたときは履歴書と別で原稿用紙で想いを綴っていました。これに関しては要約できてないからNGなど賛否両論あると思うけど印象に残らず履歴書で落とされるくらいならやれることをする。それでともダメだったときはしょうがない。

自分自身のアピールのやり方が合わなくてダメならどの道そこの経営者とは上手くいかないと思うしね~(笑)

履歴書で終わってしまったので続きはまた(__)