diary

ダイアリー

2019.01.17

日本のつけまつげっていつから?

こんにちは。Sayakaです。

 

最近、つけまつげ を見に行く機会があってドラックストア

に行きました。 私がつけまつげを使っていた時とは違い

ブラックベースにブラウンがミックスされていたり、

質感が柔らかく見えるようになっていたり、ナチュラル系の

つけまつげが多いのを感じました。

 

そもそもつけまつげっていつからあるのだろう?

と気になり、調べてみました😃

 

 

昔のつけまつげは、濃くてバサバサ の印象がありますよね。

 

60年代のツイッギーや多くの女優、モデルが付けているイメージが強く、

ショウビズの本場 アメリカで作られたのだと思っていたら、

 

発祥は日本 だったのです!

 

1930年代に男性のお医者さんが発明しました!

(つけまつげが広く使われるようになったのはもう少し後の時代)

 

 

この男性の医師はもともと眼科の医師で1923年の関東大震災で

顔にやけどを負った人たちを治療するうちに

「目を大きくする」という美容整形法を編み出しました。

 

 

目を大きくすると美人ということに気づき技術を確立させたのが

この男性医師で、「目を大きくする」という目的に沿って

付けまつげが発明されたそうです。

 

 

 

なぜ日本で発明されたのか?

それは日本人やアジア人の特徴である「一重まぶた」が関係しているようです。

二重で目鼻立ちがはっきりしているアメリカ人とは違い、

アジア系のコンプレックスが日本独自の発明を生み出したのです。

 

つけまつげはハンドメイドで、自分の髪の毛や芸者さんが使用するカツラの

髪の毛を切って作っていたそうです。

それから改良を重ね、今日のつけまつげがあるのですが

最近はマグネット式の付けまつげもあるみたいですね!

 

どんどん進化しているのでびっくりです😃

 

 

それでは〜